4.2 環境方針

トップマネジメントは、環境方針を制定することが求められています。

ここでいうトップマネジメントとは、マネジメントシステムにおける運営のトップのことであり、必ずしも社長のことを指すわけではないのでご注意ください。

環境方針とは、環境マネジメントシステムを運営にするにあたって、そもそも環境についてどのような考え方を持って取り組んでいくのかを示した方針のことです。

環境方針は次の内容である必要があります。
・ 会社の経営方針などと方向性がずれない
・ マネジメントシステムを継続的に改善していくという考え方を含める
・ 汚染の予防(環境へ悪影響を与えないこと)に対する組織としての考え方を示す
・ 環境関連の法令を遵守するという考え方を示す
・ 環境に関連した要求(社会的要求や、組織の内部的な要求)を実現するという考え方を示す
・ 環境目的や、目標を設定する際、レビューをする際に参照できる内容である

特に、環境について自社がどのように取り組んでいくのかという部分には、
悪影響を予防するという考え方、もしくは環境を良くするという考え方、
のいずれを考えるべきなのかということは、組織によって大幅に異なるでしょう。

たとえば、
排ガスを減らすために、
自社から出る排ガスを削減するという考え方もありますし、
排ガスを吸引できるような自然を増やす、
という考え方もあるわけです。

また、環境方針は次のように扱われる必要があります。
・ 文書化されて、この方針を実現される
・ 組織内に周知する
・ 一般の人にも入手可能にしておく

これらを実現することが必要なのですが、他の規格と異なり、QMSは方針を一般の人に入手可能にしなければならないという要求が出ています。

これは、環境影響というものが、特定の組織などだけが対象となるわけではなく、一般社会の人々にも影響を与える可能性がある、という考え方に基づくものです。