4.3 計画

4.3.1 環境側面
まず、環境側面とは、環境に関連したサービスや活動全般のことを指しています。

大前提として、環境に影響する可能性のある活動や、サービスを明確にしたうえで、その活動に関連する環境への影響を洗い出さなければ、環境へ自社がどのような影響を与えているかが明確には分からないわけです。
そのために、次のことを実施することを求めています。
・ 自社が行っている活動やサービス、製品それぞれにおいて、環境へ影響するようなものにどのようなものがあるかをあらいだす。
・ 洗い出しの活動は、既存のものだけではなく、新規のものや、変更があった場合にも対応できるように仕組みを作っておく。
・ それらの洗い出しをした結果に基づき、実際に環境に影響を与える可能性のあるものとして、どのようなものを対象とするかを決定する。

これらの結果を文書化し、管理しておく必要があります。

例示するならば、
A製品 → 含有物の有害性、廃棄された場合の環境影響、配送時の排気ガス
Bサービス → 廃棄物、使用する書類の紙の使用量
このような漠然としたものでなく、実際に起こりうるものを具体的に示す必要があります。

4.3.2 法的及びその他の要求事項
環境には関連する様々な法律があります。

EMSにおいて法的順守は最優先事項ですから、実際に自社の関連する法令を洗い出しておかなければ法令違反になってしまうかもしれません。
そのために、次のことを実施することを求めています。
・ 前述の環境側面それぞれに、関連する可能性のある法令や、それ以外にも条例や、取引先企業からの要求や、自社の取り組みのために必要な要求事項を特定する。
・ それらの特定した内容を、実際に社内でどのように取り組みをするのか決定する。

法令を洗い出すのは結構至難の業ですが、環境関連の法律については、環境省が法令の一覧を公開していますので、活用して洗い出してください。

環境省ホームページ

4.3.3 目的、目標及び実施計画
目的とは、組織が目指すべき環境活動のゴールを示します。
目標とは、その目的を実現するために、達成しなければならないパフォーマンス指標のことです。
たとえば、会社の将来像が目的だとすると、今年1年で実現しなければならないものが目標だと思えばわかりやすいでしょう。

その目的と目標は文書化することが求められています。
ただし、目的や目標は達成度が判定できなければなりません。
それに、当然のことながら法令を遵守することや、そもそも環境方針に適合していなければなりません。

また、目的や目標は設定するだけではなくて、レビューしなければなりません。
もちろん、達成度を判定することは当然ですが、そもそも内容が適切であるか、という見直しもしなければなりません。
たとえば、目的を10年スパンで設定したとしたら、1年後には、その目的は9年後の目的になってしまっているわけです。
10年たったらその年の目的なわけですから、常に見直しをしなければなりません。
極論を言ってしまうと、5年ほどたって、残り5年では明らかに達成できないとしたら、その目的の設定は適切ではないわけですから、設定しなおさなければならないわけです。

または、新しい技術などが導入されて予定が大幅に前倒し出来るかもしれません。
経営が苦しくなって、環境にそこまでの予算を取れないかもしれません。
顧客からの要求や、法律の変更によって変えなければならないこともあるでしょう。

さらに、目的や目標を設定したら、その目的や目標を達成するための具体的な計画を立てることが求められています。

その計画には次の項目を含める必要があります。
・ 目的及び目標を達成するために、やるべきことの明示化と、誰が何をすればよいのかといった責任の明示
・ 目的及び目標を達成するための具体的な施策と、スケジュール

この計画は、当然のことながら目的と目標で時間軸が異なるはずです。
たとえば、目標のための計画は1年の短期計画としておいて、目的に関しては長期計画を策定するなど、目的及び目標の内容に応じて必要なものを作り変える必要があります。