8.3 予防処置

予防処置とは、不適合が起こりそうなときに、事前に処置をして問題を除去しておくことを言います。

予防処置については、以下の手順を文書化することが求められています。