6.2 人的資源

6.2.1 一般
人の能力が、製品(サービス)の品質に関連する場合は、適切な能力を満たさなければならない。

これを確実に把握するためには、力量を判断する根拠となる情報を管理しなければならないということがこの項目には規程されています。

6.2.2 力量、教育・訓練及び認識
人の力量を確実に獲得するために、人的能力の管理を行うことを求めています。

ただし、これらの項目を実現するためには、製品(サービス)の工程それぞれにおいて、必要な能力、人員数、それらの人員の現在の能力を明確に認識できなければ、管理できません。

そのために、次のことが要求されています。
・ 必要な力量として、どのような能力や、教育、訓練や、技術や経験が必要となるのか明確にする
・ 能力が不足していた場合に実施すべき教育や訓練がわかる。もしくは人員の追加などを行う。
・ 教育、訓練や、人員の追加などが実施されたことで、有効に能力が獲得出来たか評価する
・ 従業員に対し、自分たちの活動の意義や重要性、目標達成のために何をすべきなのか、ということへの認識を強める
・ 教育、訓練、技能及び経験などに関する記録を維持する

人的能力の獲得は、個々人の能力のみならず、全体としてどれだけ能力があるかが重要になります。

例)
必要な能力 = A技能保持者 3人 B教育受講者10人 など