7.4 購買
7.4.1 購買プロセス

購買とは、自社以外の組織を使用し、物品を買ったり委託したりすることを言います。

そのため、自社の管理外の業務となってしまうことがあるため、購買したものについても確実に品質に適合するように管理しなければならないとしていますが、その管理の程度は、購買が品質に与える影響次第で区分してもよい、ということになっています。

ただし、必ずやらなければならないこととして、供給者を本当にその製品の供給が可能か、供給される製品の品質が問題ないか評価しなければならない、としています。

この評価の結果、問題があった場合はその供給者を不採用とすることも考えられるわけですが、場合によっては、将来の改善などを条件とする、条件付き採用等ということも考えられます。

また、その評価記録や、不採用の場合の処置記録を残すことを求められています。

7.4.2 購買情報

購買情報とは、購買する製品(外部委託するサービス等)の情報、すなわち仕様や供給者に対し通知する要望等のことを指し、この内容は供給者に対し通知する前に、内容が妥当であることを社内で確認しなければならないとされています。

その中には次のうち「該当するもの」を含めなければならないとされています。
・ 製品、手順、プロセス及び設備の承認に関する要求事項(供給者から提示されたものの承認等)
・ 要員の適合性確認に関する要求事項(人材の能力等)
・ 品質マネジメントシステムに関する要求事項(マネジメントシステムに適合させるために、供給者に遵守させるべき要求事項等)

7.4.3 購買製品の検証

購買した製品が、本当に要求していた内容を満たしていたのかは確認しなければならないとされています。

その場合は、検査をしてもほかの活動(検品など)を実施してもよいことになっていますが、何をするのかは定めておかなければならないと要求されています。

また、購買製品を供給先で検証することになった場合には、購買情報の段階で、どのような検査を行うのか明確にしておくことが求められています。